カゴをみる マイページへログイン お買い物について お問い合せ サイトマップ
RSS
石臼で挽いた抹茶で作った抹茶スイーツをお届けします。

美味しいお茶の淹れ方

みどりやオススメの美味しいお茶の淹れ方(上茶の場合)をご紹介致します。

■■用意して頂くもの■■(3人分)
・湯冷まし      ・茶葉(約6g)
・沸騰させたお湯  ・お茶碗 3つ
ゝ淇椶砲湯を入れ、急須を温めます。
△湯を茶碗に入れます。
※お湯の分量を量るため・お湯を冷ますため
 です。
E鯲笋泙靴肪穗劼里湯を入れます。
※よりお湯の温度を下げ、渋み成分がお湯の
  中に溶け込むことを抑え、甘くまろやかな
  お茶にするためです。
●もし湯冷ましがない場合は、の手順の
 代わりとして、,ら△亮蟒腓鬚發Π貪
 繰り返し、お湯を冷まして下さい。
さ淇椶肪稷佞鯑れます。(約6g)
※中サイズのティースプーンに約2杯。
サ淇椶卜笋泙靴討いたお湯を入れ、
  1分半程度待ちます。
        ●ポイント●おいしいお茶を淹れるタイミングは茶葉をチェック!

まだ茶葉が開いていません。
もう少し待ちましょう。

茶葉がきれいに開いているのがわかります。
このように茶葉が一枚一枚開いた時が淹れ時です!
γ稷佞開いている事を確認したら、※まわし
 注ぎで濃さが均一になるように淹れます。
 最後の一滴に美味しさが凝縮されています
 ので、最後の一滴まで出し切る事が重要
 です。
※まわし注ぎをする事によりお茶の濃さを
  均一にします。写真のように、、と少し
  ずつ注いだらの茶碗にもうひと注ぎし、
  折り返して◆↓,涼穗劼悗般瓩蠅泙。

●味が濃い場合は、お湯を入れ、お好みの味に調整して下さい。
●味が薄い場合は、茶葉の量を多めにして抽出量を長めにして下さい。

みどりやのこだわり

-----------------------------------------------------------------------------

お茶は、私達日本人にとってなくてはならないものです。
だからこそ、お茶の本当の美味しさ・素晴らしさを沢山の方々に知って頂きたいと考え、
心を込めておいしいお茶を提供致しております。

--------------------------------------------------------------------


 1.お抹茶に使われる茶葉とは…?

お抹茶の素となる茶葉の事を「碾茶」と言います。
碾茶とは、玉露と同じ方法で製造します。
この「碾茶」を石臼で挽いて粉末状にしたものが
抹茶です。

お抹茶が出来るまで

/群蠅出ると、2〜3週間程よしず等で茶葉に
覆いをします。(茶葉は日光(紫外線)に当たると、苦味成分であるテアニンが増加します。日光を
遮る事により、苦味を抑え、旨味(アミノ酸)・甘み
が増えるのです。)

形状、色艶、味と共に最高に熟した時期に茶葉を丁寧に摘採します。

煎茶など普通の茶葉の工程は、「蒸す」「揉む」
「乾燥させる」が主ですが 碾茶を加工する際は、
揉まずに乾燥させます。

そ淑に乾燥させた茶葉をふるい分けます。
茶葉の中に混じっている茎・葉柄などを取り除き、
茶葉のみを選別した「碾茶」がお抹茶へと
加工されます。
お抹茶は茶葉を粉にして飲むため、葉に含まれる
栄養素をそのまま摂取することができます。

   
 2.じっくりと丁寧に挽くお抹茶がおいしい!

みどりやでは、碾茶を目立てをした石臼で挽いて粉末状の
お抹茶にしています。
石臼は、御影石を使用。
一定の速度で回転させるので、味のバランスがとれた
なめらかなお抹茶になります。その後、だまが残らないように
丁寧に篩にかけます。
このように、丹精込めて作った抹茶は、「香り」も「味」も
最高です。

 3.少しでも新鮮なお抹茶をお届けする為に…

お抹茶は、湿度や温度によって固まりやすく、日が経つ毎に
風味が損なわれるのでみどりやでは、挽きたてを配送手配日に
袋詰めし、お届けしております。
挽きたての新鮮なお抹茶をその都度使って頂きたいので
使う分だけをご注文頂けるようにグラム単位で量り売りを
致しております。

 



みどりやのお茶は、茶審査技術競技会優勝者である当主・伊藤が、形状・色沢・水色・味・香りに
よって厳選された茶を選別し、お客様に提供しております。






◆茶審査技術競技会とは・・

日本茶を鑑別する審査力を錬磨することで
さらなる資質向上を図り、日本茶の原点を再確認し
日本文化の啓発を消費者に広く推し進める事を目的とした、
日本茶業界の商工業分野で 最も権威のある、お茶の鑑定眼を競う競技会です。
競技内容は、茶葉の浸出や外観といった厳しい条件から、
茶品種鑑別や生産茶期などの判定を 行います。

              
第10回近畿ブロック茶審査技術競技会優勝           台湾烏龍茶インストラクター


    おいしいお茶を、心を込めて
詰めております

おいしいお茶を沢山の方に飲んで頂きたいので、
店頭でひとつひとつ心を込めて丁寧に袋詰めを
しております。
お客様からは、「みどりのお茶はまろやかで
とてもおいしい!」と、お喜びの声を頂いております。

お抹茶の点て方


お抹茶を点てるのは難しそう!と思いがちですが、コツさえつかめば初心者でも簡単にお抹茶が点てられます♪

 〜 お抹茶を点てるポイント 〜

  ・抹茶の量 : 茶杓山盛り1杯程度(1.5〜2.0g)   ・湯量 : 80cc   ・温度 : 70℃〜80℃


1)2)


お茶碗に、お湯を淹れて温めます。お湯の中で
茶筅をかき回して温めます。
お湯を捨てて、布巾(茶巾)で、お茶碗を回し
ながら拭きます。
3)4)


お抹茶を茶杓で山盛り1杯程度入れます。
※抹茶は、お抹茶篩でふるっておくとダマに
なりにくいです。
お湯を約80cc注ぎ淹れます。
5)6)


お茶碗の底に、茶筅を当てないように素早く縦に
かき混ぜます。
細かい小さな泡が立ちましたら、最後に茶筅を「の」の字を描くようにくるっと回して引き上げて
出来上がり!

夏は、お水で立てる場合もありますが、その際はお抹茶を多めに入れてください。


初心者の方にお薦め!茶道具が揃ってお得なセットはこちら



★ 「電動茶筅」があれば、もっと簡単にお抹茶が点てられます♪大勢の御もてなしや、
   飲食店でお使い頂くと便利!

         電動茶筅はこちらから



みどりやのこだわりお抹茶はこちら


ページトップへ